レンタルタオルはなぜ自店で洗濯するより安いのですか

当社のレンタルタオルは海外の契約工場にて大量に生産したものを独自に輸入しております。一度に数千枚を輸入しますので、タオル一枚の購入単価は市販のタオルよりも非常に安価に抑えられます。

それを多くのサロン様でシェアしてご利用いただくことで価格的に大きなメリットとなります。
また、クリーニングにかかる費用も同様に、専門工場にて一度に大量に処理することで、配送経費を加えてもなお、一般的な洗濯機で洗うよりもコストを抑えることが可能になっております。

これをお客様ご自身で行うと以下のような経費がかかります。

タオル代
 ロットが少ないため、仕入価格があまり抑えることができません。
 また、徐々に損耗していくため、継続的にコストがかかり続けます。

水道光熱費
 電気代・ガス代・水道代などがかかります。

人件費
 タオルを「洗濯」「乾燥」「たたむ」ための人件費がかかります。
 本業ではない、生産性の低い単純作業です。

ぜひ一度、これらのコストを計算してみてください。
円安のためタオルの価格や電気・ガス代は上昇し続けております。
同時に最低賃金の上昇により、人件費の上昇も毎年のように国により行われています。
これらの理由により、自店で洗うよりレンタルタオル(貸しタオル)のほうがコスト・効率面でメリットのあるケースは、今後さらに増えていくように思います。

LINEで送る
[`yahoo` not found]
Pocket